ガラスアート

ガラスを希望の形に切る難しさ。

ガラスを使ったアートと言うとステンドグラスが一番に頭に浮かぶと思います。実際に、ステンドグラス制作を趣味としている人は相当数居ると言われています。それは部材の需要の多さから予想されます。 ステンドグラスで難しいのはガラスを希望の形に切ることです。未経験者には、ガラスを切るということ自体考えにくいと思います。ガラスを切ると言うよりは、ガラスに筋を入れてそこから割ると言ったほうが正しいかもしれません。 今はこのステンドグラスでランプスタンドを作るのが流行っています。様々なガラス色の光が放たれるランプは、幻想的な感じで素敵です。自分が作ったアート作品を実際に使用する喜びを味わってしまうと、そこから抜け出るのは難しくなります。それほどまでにガラスアートには魅力があるのです。

カルチャーセンターの講座を受けてみましょう。

ガラスを使ったアート作品の講座などが、各カルチャーセンターで開催されています。一番多いのはステンドグラス。それからトンボ玉です。 これらの講座は材料費と指導料込のところが多いです。それでも比較的安価なので興味があったら、どんどん参加して腕を磨くと良いでしょう。数を作れば作るほど上達するものです。 これらの講座を指導している先生はプロとしてすでに活動してる方からガラスアート工房の卒業生までと色々です。続けていく上では、指導者との相性も大事な事ですから、まずは見学などに行って様子を見たら良いでしょう。 気が合いそうな先生だったら、申し込んで指導を受ければ良いのです。もしかしたら、どっぷりハマって上達し、自分自身が口座を開けるレベルになるかもしれません。実際、入り口はカルチャースクールの講座だったという先生は結構いらっしゃいます。