LEDの活躍

LED蛍光灯は今後も活躍が期待できます

LEDとは発光ダイオードの略称であり、電気を流すことにより発光する半導体です。現在、普及している電球型蛍光灯はLED蛍光灯に比べ、消費電力は同等なものの圧倒的に寿命が短いです。加えて、電球型蛍光灯は人体に有害な水銀が使用されているため、もしも破損してしまった場合は非常に危険です。 こういったこともあり、LED蛍光灯は電球型蛍光灯に代わる新たな光源として有望視されています。LED蛍光灯は消費電力を抑えることで、二酸化炭素の削減にも繋がるという省エネルギー性にも優れた蛍光灯です。また、40000時間もの寿命を持ち耐久性にも優れているため、大幅なコストダウンも見込めます。 このような理由から、今後ますますLED蛍光灯の普及が進むと考えて間違いないでしょう。

取り付け工事が不要なタイプは注意点があります

LED蛍光灯には、取り付けの際に工事が必要なタイプと、工事が不要なタイプがあります。一般的に自宅でLED蛍光灯を利用する際には、工事が不要なタイプを利用することが多いです。 ただし、工事不要型のLED蛍光灯には注意点があります。それは安定器の故障による火災の危険性です。LED蛍光灯は従来の蛍光灯と異なり、安定器に異常が起きても点灯し続ける可能性があります。ですので、安定器の故障に気付かなければ、結果的には加熱や発火を起こして重大な事故に繋がりかねません。 しかし、工事不要型のLED蛍光灯には工事費用が一切かからないため、節約に繋がるという素晴らしいメリットもあります。メリットとデメリットを見極めて、上手にLED蛍光灯と付き合っていきましょう。